中古品の査定結果を左右する要因

ブランド品の買い取りを依頼した際、同じ品物でも状態によって査定額が変わります。中古品の買い取りは仕入れと同じなので、客に買ってもらえる状態であることが査定額を決めるポイントです。そのため、汚れや傷などのマイナス要因が多い品物は査定額が大きく低下する傾向があります。また、有名ブランドであっても流行遅れの品物は市場での人気が低いので状態が良くても査定結果は低くなるのが普通です。逆に希少性が高い限定品など、再販の見込みが無い品物は多少の不具合があっても高く買い取ってもらえるケースがあります。しかし、傷みや汚れの無い、綺麗な状態であることが査定額を上げる重要なポイントなので、ブランド品は日頃から丁寧に扱うことが大切です。

品物が傷む理由と予防の詳細

ブランド品に傷や汚れなどの不具合が生じる理由の殆どは扱いの悪さにあります。乱暴に扱って衝撃や圧力を加えてしまう他、日光や雨水などの刺激を受けてもそのまま放置するのが劣化する理由です。特にアクセサリーや小物類は汚れが付着しやすいので使用した後は面倒であってもメンテナンスを行い、良好な状態を保つのが売却時に査定額を算出させることに繋がります。ブランド品に付着した汚れは変色やサビの原因になるので綺麗に拭き取る他、品物の材質に適した方法でダメージを軽減させることも忘れてはいけません。また、ブランド品を保管する際は劣化を防ぐため、日光や湿気に影響されない環境に置くことを心がけます。虫や小動物の食害も避ける必要があるので、すき間が無い頑丈な容器に収納するのが無難です。